〒243−0405 
神奈川県海老名市国分南1丁目27番28
TEL:046−235−5200
FAX:046−235−1050
海老名市

第2回ビッグレスキューかながわ

平成25年9月21日(土)
平塚市
   湘南海岸公園  
            
        ■9月21日(土) 晴れ  最高気温:29℃(14時) 
    ◇見学者          64名          ◇車両1台(4号車)
    ◇車いす・障がい者    1名          ◇スタッフ  3名

神奈川県と平塚市主催による合同総合防災訓練ビッグレスキューが平塚湘南海岸公園で行われました。大規模災害発生時における救急医療等を主体とし、防災関係機関、医療機関、自主防災組織などが一体となり実施する訓練です。参加協力機関は計137機関。神奈川県内だけではなく、埼玉、東京、群馬、山梨などからも集まり、昨年のビッグレスキューの3倍規模で行われました。
当日は晴天の中、災害時の試食スペースなども設けられ、親子連れなども多く見受けられました。
私たちの福祉バイオトイレカーにも多くの方が訪れ体験・見学しました。皆さん災害時の障がい者のトイレ問題などを知り、熱心に聞く姿が印象的でした。
いつ起こるかわからない災害、防災への意識は常に心得ておきたいものですね。
  自衛隊の災害派遣車両の隣に設置しました。
 
 横須賀基地本部の方も見学されました。

 訓練に参加されていた自治会の方にも
 体験していただきました。
 重度障がいのお子さまも体験
 実際にベビーベッドに乗ってもらいましたが
 もう少しでベビーベッドは使用できなくなります。
 ユニバーサルベッドがあると助かりますとのこと。
 ご協力ありがとうございます。

【イベントを終えて】
●小学生から大人まで多くの方に車いすに乗ってもらい、自走〜トイレまで体験していただきました。車いすの操作は「簡単に見えたけど、曲がる時や少しの坂でも大変なのですね」といった声がありました。今回は多くの方に知っていただきたいので「展示」というカタチで設置しておりましたが「障がい者が来たら使えますか?」という質問をいただき、「もちろん使えますよ」と お答えしました。これはどこのイベントでも同様ですので気軽に声をかけてください。
 
●今回は小学生からの募金がとても多かったです。あたたかい気持ち、ありがとうございます。体験することで少しでも車いすのユーザーの気持ちを理解していただけたらと思っています。
 
●また、神奈川県内市町村の危機対策課からも担当の方がトイレカーを見学に来られました。「災害時に海老名市以外にも出動をお願いすることはできますか?」といった質問がありました。この問いには「私たちは海老名市と災害協定を結んでおりますので他はお断りしています。災害が発生することを想定し、各市町村で最低1台確保していただくことが1番良いと思います」とお答えしております。
日本で4台しかない障がい者用移動トイレを行政としても「必要である」と認識しているということがこのビッグレスキューに参加してわかりました。今後、少しでも障がい者用トイレカーが増えることを強く願った1日でした。
 
【ご利用者の感想】 
■平塚のイベント(七夕まつり)などに設置して欲しいです。誰でもイベントに参加できるといいで
 すね。                            (60代 自治会参加者・男性)
■この車両、初めて見ました。各地のイベントに設置して欲しいです。(50代 女性)
■移動できる障がい者用トイレを初めてみました。オムツまで交換できるなんてうれしい。
                                (20代 女性)
                          
活動実績に戻る
〒243−0405 神奈川県海老名市国分南1丁目27番28 
TEL:046−235−5200 FAX:046−235−1050
NonProfit Organization Yasashikunarouyo All Rights Reserved